メイン コンテンツに進む
コンピューターの画面に注目するフェイスマスクを装着した女性

エンタープライズ リソース プランニング システムが求められる理由

Enterprise resource planning (ERP) systems help organizations manage their businesses with efficiency and flexibility. Bringing together finance, manufacturing, retail, supply chain, warehouse, and inventory, enterprise resource planning systems are a critical tool in unifying operations across the many departments businesses must manage. Instead of disparate processes, communication challenges between departments, and outdated systems, enterprise resource planning systems provide insight and visibility across your business.

What can enterprise resource planning systems do?

反復的なタスクを自動化します。

これまで時間、労力、リソースをかけてきたタスクを自動化し、最も重要な業務に時間を投資しましょう。報告を自動化し、トリガーと通知を設定して、適切なチーム メンバーにタスクを割り当てます。

一元化したインテリジェンスを提供します。

エンタープライズ リソース プランニング システムは、カスタマーやパートナーのニーズに影響を与えずに、資産、社員、目標の全体で整合性を保ち、チームのより適切な連携を実現します。

業務を統合します。

統合システムで倉庫、仕入先、子会社、チームの連携を促進し、世界中のサプライ チェーンについて完全な可視化を実現します。

サポートを要する分野を特定します。

ビジネスの業務を完全に可視化して、注目すべきトレンド、落ち込み、運用上の課題をすばやく特定することで、ビジネスの運営を最適なキャパシティで維持できます。

エンタープライズ リソース プランニング システムの利点

可視性とインサイトの改善を促進する機能に加えて、エンタープライズ リソース プランニング システムでビジネスに導入できる利点はさらにあります。

業務の効率を高めます。

リアルタイムのインサイトと予測インテリジェンスを統合することで、最適な業務を妨げる要因を簡単かつ効率的に特定し、解決できます。

コストを削減します。

効率の改善、予算管理、財務プロセスの自動化で、コストをより細かく監視し、改善が必要な分野を特定できます。

ベスト プラクティスを共有します。

部署を連携させることでこれまで以上に簡単にナレッジを共有し、すべての部署が最高のパフォーマンスを発揮できるように支援します。

チームの生産性を向上させます。

よりスムーズな業務と集約したソースで、社員、データ、プロセスを統合し、生産性を向上させます。

よりスマートな戦略。

データを連携して旧来のスプレッドシートを超え、動的な視点で未来の戦略的チャンスを捉えて成長を計画します。

エンタープライズ リソース プランニング システムで重視すべき機能

リソース プランニングやクラウド ERP を提供するさまざまなツールを検討する際は、以下の機能を備えたシステムに注目します:

複数の部署を統合します。

財務、製造、人事、在庫、販売など、ビジネス全体の幅広いデータと機能を統合できるシステムをご検討ください。

搭載されたインテリジェンス

機械学習と AI でインサイトを提供して、カスタマーへの対応と製品を変革し、適切なビジネスの目標にチームを導きます。

柔軟なプラットフォーム。

ソリューションをカスタマイズ、拡張、他のアプリとの統合により、そのエンタープライズ リソース プランニング システムがビジネスの成長に合わせて確実にニーズを満たせるようになります。

他のシステムと統合します。

一貫したエクスペリエンスを提供するシステムに投資することで、異なるアプリ間でデータの連携と共有を実現できます。

グローバル機能。

多国籍な組織は、各国に固有のコンプライアンスと税務ガイドラインを注視する必要があります。世界規模のビジネスを運営している場合は グローバル ERP ソリューションにご注目ください。

クラウド ERP: 柔軟、迅速、コスト効果

以前はほとんどの エンタープライズ リソース プラニングの実装 がオンプレミスでしたが、クラウドのデータを便利に活用できることから、クラウド ERP の実装 が年々普及しています。

クラウド ERP システム は柔軟であり、どこからでも情報を利用可能にして生産性を向上させ、世界中に広がるチームの連携を維持します。外出先、お客様先、パートナーや仕入先の現場でもデータを利用でき、高い利便性でビジネスを前進させます。

クラウド ERP システムを簡単に実装して時間とリソースを節約し、複雑なオンプレミス実装で生じる頭痛の種を取り除きます。

クラウド ERP システムは毎月のサブスクリプションで利用できるため、多くの場合で高額な初期投資を必要とせず、これは特に中小企業にとって大きな違いをもたらします。

他の企業がエンタープライズ リソース プランニングを活用している方法

指先でインサイトを利用する

“文字通り毎日、担当者が Excel スプレッドシートで情報を取得して、それをもとに生産品リストを紙に書き出していました。この方法はスケジュール管理責任者が生産現場に趣いて「おはよう、今日の作業内容はこれです」と指示できる時代は機能しましたが、拡張性はありません。現在では、すべての工場でスケジュール管理責任者がインサイトを指先で操作して、その日の作業指示に優先順位を付けられます。”

Tim Gryder 氏、Project Manager and System Administrator、Intimidator Group

エンタープライズ リソース プランニングをビジネスに導入する

ERP と CRM の機能をシームレスに統合した最新のビジネス アプリケーション、Microsoft Dynamics 365 でビジネスを変革します。クラウドを基盤とする Dynamics 365 アプリで、業務の統合ビューをチームに提供し、ビジネス全体の分断を解消します。

業務の効率を高めます。

リアルタイムのインサイトと予測インテリジェンスを統合することで、最適な業務を妨げる要因を簡単かつ効率的に特定し、解決できます。

コストを削減します。

効率の改善、予算管理、財務プロセスの自動化で、コストをより細かく監視し、改善が必要な分野を特定できます。